白くするための治療

ステインを除去できる歯磨き粉

歯医者

ホワイトニングという治療は、当然ですが通う手間もかかります。 そのため昨今では、自宅で自分のペースでホワイトニングをすることができる歯磨き粉も、販売されるようになってきています。歯が黄ばんでしまうのは、歯の表面にステインが付着するからです。ステインは、コーヒーやお茶などの色素や、タバコのヤニなどによって付着します。そしてホワイトニング用の歯磨き粉を使って歯を磨けば、このステインを削り落としたり分解したりすることができるのです。 審美歯科での治療より安く済み、また通う手間もかからないことから、ホワイトニング用の歯磨き粉の需要は高くなっていくと予測されています。

エナメル質が薄くなることが原因となる場合も

しかし歯の黄ばみは、ステインが原因ではないこともあります。歯の表面のエナメル質は、乳白色をしています。そしてその内部にある象牙質は、黄色や褐色をしています。エナメル質は、加齢または歯の酷使により徐々に削れて薄くなっていきます。すると内部の象牙質が透けて見えるようになり、そのために歯が黄ばんでしまうわけです。 この場合、ステインが原因ではないので、ホワイトニング用の歯磨き粉では改善することができません。審美歯科で、象牙質を白くするタイプのホワイトニングをしてもらう必要があります。 また、ステインが原因となっている場合でも、ホワイトニング用の歯磨き粉で削りすぎることで、エナメル質を薄くしてしまう可能性があります。そのため、適度な力で磨くように注意することが必要です。