綺麗にするための治療

歯科治療でアレルギーが悪化する?

woman

虫歯などで歯を削って治療した場合、通常歯医者さんでは金属製の詰め物で、削った部分を埋めます。 このような詰め物や被せ物は、「補綴物」と言われており、費用が安いという事で銀歯などの金属製が普及しているのです。 しかし、金属製の補綴物は金属アレルギーの場合、使用する事が出来ません。 金属アレルギーがある場合、審美歯科で受けられる「セラミック治療」がお勧めです。 セラミック治療は金属製の補綴物を使用せず、陶器製の補綴物で詰め物や被せ物を行います。 金属を一切使用しないという事もあり、金属アレルギーの方でも、安心して使える素材なのです。 今現在、一般的な歯医者さんよりも、審美歯科で多く取り扱われている素材となっています。 アレルギーがある方は審美歯科で治療を受けてみる事がお勧めです。

見た目も美しいセラミック治療

金属アレルギーがある方が、歯科治療を行う際は金属製の素材を、使わない治療法を選択しなければいけません。 例えば虫歯などで歯を削った場合、「セラミック治療」がお勧めです。 セラミック治療はセラミックという、陶器製の素材を被せ物にしたり、詰め物にする治療法となっています。 歯に装着する際も、全く金属を使わないという事で、セラミック治療は金属アレルギーがある方でも、安心して受けられる治療法です。 また、アレルギー反応が出ないというだけでなく、審美性もセラミック治療の、魅力と言えるでしょう。 セラミックは自分の歯と同じ色に、作れる事から歯に被せても、見た目はとても自然なのです。 ですので、金属アレルギーでは無くても、見た目が気になるという方が、このセラミック治療を選択するケースも、少なくありません。